模型確認

ありがたいことに見積の依頼があったりすると、

僕は、模型を製作して僕もお客さんも確認できるようにしています。

今回もいつも通りに製作したけど、うまく説明できるかどうかが問題です。

模型吹き抜け















玄関からつながる高い天井と通常の天井高さの2種類の天井高で構成された

LDKが今回のポイントです。あとは、ないしょ。

100万円の便器!?

5/28、久々に雨が降っていません。

今日は米子のINAXショールームに行ってきました。

ショールームを入ると、そこには上海万博で注目を浴びた100万円の

便器が展示してありました。100万円と言うのは、中国での価値らしいです

実際、日本では40から50万円位らしです。でも高っい!!

100万円の便器REGIO















ショールームは、2年前にできたそうで、INAXのタイルが色々と使われていてキ

レイでした。

INAX















最近、トイレは、用をたすところから、ある種その家のステータスシンボル的になっ

ていないか?僕は、落ち着けたらそれでいいと思うのですが・・・

屋根貼り

今日は、先日、庇をつけた倉庫の屋根貼りをしています。

貼るのは、”いけちゃん”。いつも通りに一人でコンスタントにこなしてい

きます。

屋根工事















”今日は、暑いで~”。”でも、雨だったら仕事にならんしな”

そう、今日は28~29℃になるらしい。

ここちイイ環境で仕事ができないのが、我々の仕事。

今日も”いけちゃん”は、少しグチも言いながら、笑顔で仕事をこなして行

くのです。

柱の背割り

5/17、柱の背割りを補修しました。

♪♪柱の傷は、おととしの~♪

なんて、柱が見える家がほとんどない今日この頃ですが、2年くらい前に建

てさせていただいた木の家、中に入るといまでも木の匂いがして、何とも言

えない優しい空気が漂っていました。家のレポートは、また後日します。

そんな家ですが、”柱の背割りが広がってみっともないから補修してくださ

い”と御施主様から連絡があり早速見にきました。

新築時は、化粧柱なので埋め木をしていた背割りの部分が何と2cm~3cm

くらいに広がっていました。

広がった背割り















木は生きていると言いますが、ほんとその通りと実感しました。

早速、大工さんと悪戦苦闘の結果、何とか元の姿に返りました。

補修後















しかし、自然には、勝てない!

小屋の庇

5/14~5/15は、倉庫の庇工事をしています。

先日、運んだ丸太を桁へ利用して庇を造っています。

本当は、全部新しい材木ですればキレイでしょうけど、御施主様の

意向で、手持ちの古材を利用して造っています。

加工中取付新旧

GWを終えて~⑤~丸太運搬

5/6、今日から少しづつ働き出そう!

今日は、今度、倉庫の改造をする材料を運び出す作業です。

末口300位で6mの丸太を重機が使えない場所なので人力で、運び出します。

写真は、いつもの頼れる助っ人”よっちゃん”。

実は、ここに出すまでが少し大変でした。大変なときに写真撮ってたら、よ

っちゃんに怒られるので、写真はありません。

杉丸太















ここから、300m位を移動します。

移動中















この姿、”どうだカッコイイだろう”。

”ホレテマウヤロウ~”

春のくらし祭り2010in鳥取トステムショールーム

昨日、鳥取トステムショールームで春の暮らし祭り2010

が開催されました。天候もまずまずで(駐車場では時折吹く風が

まだ冷たかったです)人でもまずまずでした。

今回は、鳥取大学のみなさんによるマジック・ショーなんかもあって

なかなか盛り上がっていたのでないでしょうか?

機会がございました是非一度どうぞ。

春のくらしまつり春のくらしまつり

春の暮らし祭りを前に

鳥取トステムショールームの春の暮らし祭りを前に

新しいシステムバスが展示されたとのことで

早速見てきました。

展示されていたのは、ラバスの1620サイズで先日、ブログ

にアップしたものと同じ?と思ったのですが、

ラバス1620















何と目立たないようですけど四方に手摺が付いているではないですか!

何でも体の不自由な人、お年寄り用に設定されているらしいですが

私みたいな腰の痛い人には、いい風呂だなぁ~って思いました。

あと、赤ちゃんを抱いてお風呂に入るのって非常に不安定でむつかしいので

これは、GOODですね。

それと、見かけない蓋が・・・

ふた















これは、例のフタロックを回すと浴槽の上に30cm程度の床が・・・

蓋がゆか















何と腰を掛けても平気な設計になってるとのこと 

腰掛けれる















これは、阪神良く、あれ間違えた、半身浴にもってこいですね。

写真のモデルさんは、ショールームの方にお願いしたら、すぐ対応していた

だけました。ご協力ありがとうございます。

今回のお風呂、意外と機能を装備した(昭和ではない発想)未来商品なんじ

ゃないか?って思いました。パネルも鮮やかなガイナーレ・グリーン。

地域色をお考えのことでしょうか?(今回のイメージカラーでしたね、スイ

マセン)。

”あ~いい風呂、入った”って感じで・・・お後がよろしようで、ベンベン。

常に

いつものことですが、

うれしい事に声を掛けてくださる(仕事の話をしてくれる)人に

であえることがあります。

でも、それで仕事が決まる訳ではありません。この時点では、ただ

話をしてくれたにすぎません。

私の仕事は、人にうまく伝える必要があるのですが、”うまく”話を

できなし、とりあえずある程度もの用意して見てもらうしかありません。

で、今回もいつもどおり、図面、模型、パース、見積書を作成して

見てもらう予定ですが・・・

いつもの

どこよりも早いインプレッション

トステムのお風呂が新しくなったと言うので早速、ショールームに見に行っ

てきました。新しく展示してあるお風呂は、

ラバスM1818ラバスK1216

した。

ラバスM1818
ラバス1818















ラバスK1216
ラバス1216
















変更ヶ所ですが、まずラバスM1818の方ですが、デッキ水栓がダイヤル式か

らプッシュ式へ変更されていました。石鹸がてについていても簡単にお湯を

出したり止めたりできそうでした。

ダイヤル式デッキ水栓
ダイヤル式デッキ水栓
















照明も2灯から3灯へ変更されてました。

そして、電球は、白熱球から蛍光灯とLEDへ変更されてました。STOP温暖

化ですねヤッパリ。

壁も変更されていて、写真では、わかりづらいですけど、凹凸感がでてより

大理石を意識した感じに仕上がっていました。

エコ照明
















もう一つのラバスK1216は、

デッキ水栓がフラット式のプッシュ水栓に変更されていてより掃除しやすく

スタイリッシュに仕上げてありました。

フラット式のプッシュ水栓
フラット式ダイヤル水栓
















鏡は、円形から楕円形状へ変わりパネルもなんともカッコ良く仕上がってお

り、はやりのアーバーンテイスト調でした。

そして風呂ふたの収納が浴槽に置くタイプから壁に収納するタイプになってより

浴槽を広々と使える様になっていました。

あとこの収納フックを回転させてふたをとりだす方式になっており取り出し

しまいが簡単でした。


風呂ふた収納
収納時風呂ふた取り出し収納時は、上のフックを回すフック回転
















あと新しい洗面化粧台が展示したありました。

これがまたカッコいいですシャワー水栓の形状、ハンドル、ポップアップの

場所なんと言えずいい感じです。

洗面化粧台
水栓廻り















それに加えて足元に注目です。

顔を洗うときに足が洗面台にあたったりする男性の方もおられると思います

が、足元廻りに工夫が見られました 



足元















詳しくは、トステムショールームへ言ってみてください。ショールームの皆

さんも優しく教えて下さいました。

施工アルバム~フェンス編②

・天気のいい日が続いていますね。

昨日のフェンス工事、完了しました。

以前あった竹でできたフェンス(竹垣)と比べると、

庭がきれいになったように見えます。

アルミフェンスなので風情にかけるかなとも思いましたが

以前より取り付いているように家にマッチしています。

以前あった竹垣フェンス
施工前  















新しくなったアルミフェンス

施工アルバム、フェンス編

・天気のいい日が続いていますね。

・山陰の海ももう夏の色に近づいてきました?

春の海

















今回は、フェンス工事をすることになりました。

今は、竹でできたフェンス(竹垣)なんですが、

御施主さんが作られたとのことです。(結構上手にできてますよね)

年月もだいぶたって竹が割れててきたので、

年月がたっても壊れないアルミフェンスに交換したいとのことです。

施工前
竹垣
















竹は、見た目、風情もあり美しいのですがどうしても割れて

コナゴナになることがあります。

これは、年月により竹の強度がおとろえてきたのと、

節~節間にある空気が膨張して破裂するからと言われます。

極端ですが、竹を火の中に入れる(お正月の神社の焚き火とか)と

パンパンはじいいていますよね。

本日は、解体して支柱の固定までして、モルタルが固まるまで養生です。


解体・施工中
施工中

















支柱固定&養生
支柱固定中
カレンダー
«  December 2017  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
コメント
カテゴリー
過去の記事
リンク
その他


アースマラソン応援バナー
サッカー ブログパーツ【SBP】
にほんブログ村 サッカーブログ ガイナーレ鳥取へ
にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村 住まいブログへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ